制作実績:work

今まで携わらせて頂きました大切な案件の数々です。
物件によっては詳しく着工から竣工まで閲覧することも可能です。
この場をお借りしまして掲載させて頂けますことを心より感謝致します。
そして今後共山本亜耕建築設計事務所を宜しくお願い申し上げます。

左向き矢印
  • 宮ノ丘の家Ⅱ
  • 宮ノ丘の家Ⅱ
  • 宮ノ丘の家Ⅱ
  • 宮ノ丘の家Ⅱ
  • 宮ノ丘の家Ⅱ
  • 宮ノ丘の家Ⅱ
  • 宮ノ丘の家Ⅱ
  • 宮ノ丘の家Ⅱ

制作実績宮ノ丘の家Ⅱ
2014/住宅新築/北海道札幌市

「札幌の眺望を楽しむ300mm断熱の家」
敷地は札幌の街を一望できる眺望が魅力である反面、傾斜は30°を越え、立っていることも難しい状態。また敷地としての接道義務も不十分等々・・・ 一時は夢で終るかに思えました。しかしこの敷地の良さに惚れ込んだ建て主さんは地道な努力で接道義務を解決しついに計画を軌道に乗せます。
50代夫婦+子供+親世帯 施工:㈱剛建築工房 完成までの過程をみる

左向き矢印
  • 宮の森の家
  • 宮の森の家
  • 宮の森の家
  • 宮の森の家
  • 宮の森の家
  • 宮の森の家
  • 宮の森の家
  • 宮の森の家

制作実績宮の森の家
2014/住宅新築/北海道札幌市

「300mm断熱の二世帯住宅」
夏場の遮熱、周囲の家からの視線制御、6名分の洗濯干しスペース、ゴミの仮置き場、そして家族のイベントスペースを兼ねるテラスが特徴的な二世帯住宅。さらにこのテラスは下階のカーポートの上屋を兼ねるとともに建物前面の雪や雨が気にならない通路スペースとして一年を通じて活躍します。
30代夫婦+子供+親世帯 施工:㈱丸稲武田建設 完成までの過程をみる

左向き矢印
  • 澄川の家
  • 澄川の家
  • 澄川の家
  • 澄川の家
  • 澄川の家
  • 澄川の家
  • 澄川の家
  • 澄川の家
  • 澄川の家
  • 澄川の家
  • 澄川の家
  • 澄川の家
  • 澄川の家
  • 澄川の家
  • 澄川の家

制作実績澄川の家
2014/住宅新築/北海道札幌市

「まちなかの小さな300mm断熱の家」
1972年の札幌オリンピックに合わせ40年以上前から開発が進んだ澄川地区。地下鉄沿線で利便性の高い地域に手に入れた小さな39坪の敷地。建物も26坪と小ぶりながら驚くほど広々とした室内、キッチンは新作のコの字レイアウト、来客時には6人掛けに早変わりするテーブル、地元産のカバ材とトド、カラマツをふんだんに使った小さな家です。
30代夫婦+犬+インコ 施工:飛栄建設㈱ 完成までの過程をみる

左向き矢印
  • 恵庭の家
  • 恵庭の家
  • 恵庭の家
  • 恵庭の家
  • 恵庭の家
  • 恵庭の家
  • 恵庭の家
  • 恵庭の家
  • 恵庭の家
  • 恵庭の家
  • 恵庭の家
  • 恵庭の家

制作実績恵庭の家
2013/住宅新築/北海道恵庭市

「家庭菜園を楽しむ300mm断熱の田園住宅」
夏場の日射遮蔽のために大きく庇を張り出した外観とボルダリング(岩登り)コーナーが特徴的な、のどかな街にマッチした住宅です。わずか31.5坪ながら寝室4室、客間に家族コーナー、LDK。もちろんWCと洗面所は各階に設けました。
20代夫婦+子供+猫 施工:㈱キクザワ 完成までの過程をみる

左向き矢印
  • 西野里山の家
  • 西野里山の家
  • 西野里山の家
  • 西野里山の家
  • 西野里山の家

制作実績西野里山の家
2013/住宅新築/北海道札幌市

「里山ライフを楽しむ300mm断熱の家」
300mm断熱プロジェクトも早12棟目。敷地は人気の西野地区。40年以上前から住宅地として開発された西野は最近、巣立った二代目が子育てを求めて帰りたい地域として人気があります。豊かな自然環境と便利なインフラ、そして気さくなまちの雰囲気が若い世代を惹きつけています。そんな山間の敷地に家庭菜園を楽しむ夫婦と子供たちの住いを設計しました。
30代夫婦+子供 施工:㈱剛建築工房 完成までの過程をみる

左向き矢印
  • 屯田の家
  • 屯田の家
  • 屯田の家
  • 屯田の家
  • 屯田の家
  • 屯田の家
  • 屯田の家

制作実績屯田の家
2013/住宅新築/北海道札幌市

「300mm断熱 親世帯と同居の家」
隣町に住む高齢な両親との同居をテーマに取り組んだ住いです。1階の寝室を中心にお風呂→WC→洗面→台所→玄関といった介護や居住支援を前提とした動線計画に加え超断熱化された室内は気温は低くとも寒さを感じない快適さ。冬場、炎の見えるペレットストーブは大好評でした。
施工:㈱丸稲武田建設 完成までの過程をみる

左向き矢印
  • 発寒の家
  • 発寒の家
  • 発寒の家
  • 発寒の家
  • 発寒の家
  • 発寒の家
  • 発寒の家
  • 発寒の家
  • 発寒の家
  • 発寒の家
  • 発寒の家

制作実績発寒の家
2012/住宅新築/北海道札幌市

「300mm断熱で、泊まりに行きたい親の家」
ゆったりした土間玄関、冷温庫、二階の大きく明るいLDKは南面が全てトリプルガラスのカーテンウオール。外付けブラインドと縦格子による日射遮蔽やパッシブ換気と一種熱交換換気双方を備えた「発寒の家」。外装は道南杉を貼り、これからの北海道の住いをシンプルにデザインしました。
50代夫婦 施工:㈱丸稲武田建設 完成までの過程をみる

左向き矢印
  • 前田の家
  • 前田の家
  • 前田の家
  • 前田の家
  • 前田の家
  • 前田の家
  • 前田の家
  • 前田の家
  • 前田の家
  • 前田の家
  • 前田の家
  • 前田の家

制作実績前田の家
2012/住宅新築/北海道札幌市

「300mm断熱 親子で楽しく子育てを!」
大きなLDKと家の中心に置かれた大テーブルにストーブの炎。小さな子供たちが、大らかな北海道らしさを感じながら育つことを意識しました。室内は壁が充填断熱300mm、屋根が外貼り断熱350mm 屋根の構造は顕しとして見せています。親世帯と同居しながら子育てする住いです。
20代夫婦+子供+親世帯 施工:㈱剛建築工房 完成までの過程をみる

左向き矢印
  • 春光BASE
  • 春光BASE
  • 春光BASE
  • 春光BASE
  • 春光BASE
  • 春光BASE
  • 春光BASE
  • 春光BASE
  • 春光BASE
  • 春光BASE
  • 春光BASE
  • 春光BASE
  • 春光BASE
  • 春光BASE
  • 春光BASE
  • 春光BASE

制作実績春光BASE
2011/住宅新築/北海道旭川市

「300mm断熱の平屋」
静かな隠れ家をテーマにした住いです。さまざまな趣味を持つ建て主のライフスタイルを建築化しました。街中の角地に立地する外観は極力窓を作らず道南杉の柔らかな表情で覆いました。一方中庭を設け、全ての部屋がこの中庭に面する間取りは外観の閉鎖性とは対極の表情をこの家に与えています。
50代夫婦 施工:㈱橋本川島コーポレーション 完成までの過程をみる

左向き矢印
  • 北25条の家
  • 北25条の家
  • 北25条の家
  • 北25条の家
  • 北25条の家
  • 北25条の家
  • 北25条の家
  • 北25条の家

制作実績北25条の家
2011/住宅新築/北海道札幌市

「200mm断熱 27坪で家族4人広々と暮らす」
シンプル&リーズナブルな小さな家。魅力的な空間と快適な室内環境を実現しました。外装は板金仕上げ、二階のLDKの南側にはテラスも付いています。街中暮らしが楽しくなる小さな白い箱。
40代夫婦+子供+犬 施工:㈱丸稲武田建設 完成までの過程をみる

左向き矢印
  • 西野の家Ⅱ
  • 西野の家Ⅱ
  • 西野の家Ⅱ
  • 西野の家Ⅱ
  • 西野の家Ⅱ
  • 西野の家Ⅱ
  • 西野の家Ⅱ
  • 西野の家Ⅱ

制作実績西野の家Ⅱ
2012/住宅新築/北海道札幌市

「300mm断熱+土間、北海道スタイル」
夫婦共働きで子育て、そして大好きなアウトドアをテーマにした住いです。大きな玄関土間とカヌーが格納できる特徴的な外観。外から見た艦橋部分は子供室になっています。当初、木貼りの外装に憧れてご相談を受けたのですが、後に準防火地域のために難しいことが 判明、その分室内にはアルダー材を使い。普段以上に木質の内装を取り入れました。
40代夫婦+子供 施工:㈱丸稲武田建設 完成までの過程をみる

左向き矢印
  • 西野の家
  • 西野の家
  • 西野の家
  • 西野の家
  • 西野の家
  • 西野の家
  • 西野の家
  • 西野の家
  • 西野の家

制作実績西野の家
2011/住宅新築/北海道札幌市

「愛犬と暮らす300mm断熱の家」
道南杉板の素地外壁と、フラットな庇の外観が特徴的な住宅です。こだわりの室内土間空間そしてドッグランにもふんだんに木材を使用しています。 300mm断熱とともにペットとの同居をテーマに取り組みました。北海道の厳しい環境に対応し大好きな犬たちと楽しく過す住いを目指しました。
40代夫婦+犬 施工:㈱丸稲武田建設 完成までの過程をみる

左向き矢印
  • 宮ノ丘の家
  • 宮ノ丘の家
  • 宮ノ丘の家
  • 宮ノ丘の家
  • 宮ノ丘の家
  • 宮ノ丘の家
  • 宮ノ丘の家
  • 宮ノ丘の家
  • 宮ノ丘の家
  • 宮ノ丘の家
  • 宮ノ丘の家

制作実績宮ノ丘の家
2011/住宅新築/北海道札幌市

「室内から柱、梁が眺められる300mm断熱の家」
本州から移住を果たした夫婦と子供たちの住いです。山側の市街化調整区域(市街化を抑制する区域)と呼ばれる境界線に敷地は接しています。つまり自分の敷地の向こう側には将来的にほとんど家が建たない。山並みを眺めて暮らす毎日を想い描いて敷地が決まりました。一方で西区の山側は札幌屈指の豪雪地帯。雪と暮らすための工夫を色々と考えています。
30代夫婦+子供 施工:㈱剛建築工房 完成までの過程をみる

左向き矢印
  • 南あいの里の家
  • 南あいの里の家
  • 南あいの里の家
  • 南あいの里の家
  • 南あいの里の家
  • 南あいの里の家
  • 南あいの里の家
  • 南あいの里の家

制作実績南あいの里の家
2010/住宅新築/北海道札幌市

「A型トラスと300mm断熱」
300mm断熱に加え、平成22年度長期優良住宅及び、北方型ECO+の認定基準をクリアした住宅です。A型トラスを用いた小屋組みにより二階のLDKには余計な柱がありません。日々変わり行く新興住宅街の街並みを映す連窓、階段の踊場に置かれたペレットストーブ、小屋組みから吊り下げられた洗濯干しスペース、ロフト空間を持つ子供室、インナーガレージ等々地域の要望を建築化することに取り組みました。
40代夫婦+子供 施工:㈱丸稲武田建設 完成までの過程をみる

左向き矢印
  • 四葉プレカット
  • 四葉プレカット
  • 四葉プレカット
  • 四葉プレカット
  • 四葉プレカット

制作実績四葉プレカット
2011/社屋新築/北海道稚内市

「300mm断熱のオフィス」
太陽熱パネルを装備した社屋。太陽の熱でお湯と暖房をまかない、不足分が出れば深夜電力でバックアップする給湯+暖房一体型のソーラーシステムの第一号採用物件です。今後益々、注目が集まる再生可能エネルギー。住宅のみならずさまざまな建物で超断熱化をベースに普及が進むことでしょう。
施工:物林株式会社 完成までの過程をみる

左向き矢印
  • 菊水の家
  • 菊水の家
  • 菊水の家
  • 菊水の家
  • 菊水の家
  • 菊水の家
  • 菊水の家
  • 菊水の家
  • 菊水の家
  • 菊水の家

制作実績菊水の家
2010/住宅新築/北海道札幌市

「本格普及を目指した300mm断熱の家」
銭函の家の成功を受けて300mm断熱のさらなる普及のために取り組んだ仕事です。利便性が高くコンパクトなまちなかの敷地に北海道で暮らす上で必要となる事柄をベースに敷地独自の条件を生かした工夫を盛り込みました。木造3階建てとし1階を車庫、玄関、収納スペース、2階をLDK、客間、家族コーナー、3階を寝室とクロゼット、水廻りとしました。また給湯、暖房とも空気熱源のヒートポンプです。
40代夫婦+子供 施工:山謙建設㈱ 完成までの過程をみる

左向き矢印
  • 銭函の家
  • 銭函の家
  • 銭函の家
  • 銭函の家
  • 銭函の家
  • 銭函の家
  • 銭函の家

制作実績銭函の家
2009/住宅新築/北海道小樽市

「最初の300mm断熱の家」
2008年現時の北海道の技術、素材、ノウハウで最高の断熱住宅を作ることを目標に取り組んだ仕事です。ドイツのパッシブハウスを参考に開口部は専用開発し壁の断熱はグラスウール換算で350mm、屋根は500mm、北側に広がる石狩湾の眺めを取り込みながら室内は間仕切りを極限まで減らし開放的にデザインしました。後の300mm断熱の基本となる性能そして設計思想はこの家から始まりました。
30代夫婦+子供 施工:㈱橋本川島コーポレーション 完成までの過程をみる

左向き矢印
  • 西岡の家:痛んだ躯体
  • 西岡の家:既存ファサード
  • 西岡の家:リフォーム後のファサード

制作実績西岡の家
2009/住宅リフォーム/北海道札幌市

「北海道R住宅による性能向上リフォームの家」
竣工が1979年。第二次石油危機のときに建った木造住宅の性能向上フルリフォームです。傷んだ躯体の修繕から始まり、北海道の最先端のリフォーム技術を集結させ、新築同様に再生することを目指しました。今後増加が予想される大規模リフォームのニーズを先取りすると共に北海道R住宅基準をも満たしています。
50代夫婦+子供 施工:㈱丸三ホクシン建設 完成までの過程をみる

左向き矢印
  • 新川の家
  • 新川の家
  • 新川の家
  • 新川の家
  • 新川の家
  • 新川の家
  • 新川の家
  • 新川の家
  • 新川の家
  • 新川の家
  • 新川の家
  • 新川の家
  • 新川の家
  • 新川の家
  • 新川の家

制作実績新川の家
2008/住宅新築/北海道札幌市

「暖房に地中熱ヒートポンプを用いた3世代住宅」
新川地区は地下水位が高く軟弱な地盤は基礎工事に工夫を要する地域だ。一方で豊富な地下水は地中熱をくみ上げるには好都合だ。好調の200mm断熱と地元で開発された住宅用の小型地中熱ヒートポンプユニットを使って8人が暮らす3世代住宅を全室暖房しようと試みた。
30代夫婦+子供+60代夫婦+祖母 施工:㈱丸稲武田建設
2008年NEDO住宅、建築物高効率エネルギーシステム導入促進事業

左向き矢印
  • ニセコの家
  • ニセコの家
  • ニセコの家
  • ニセコの家
  • ニセコの家
  • ニセコの家
  • ニセコの家
  • ニセコの家
  • ニセコの家
  • ニセコの家
  • ニセコの家
  • ニセコの家
  • ニセコの家
  • ニセコの家
  • ニセコの家
  • ニセコの家
  • ニセコの家

制作実績ニセコの家
2007/住宅新築/北海道虻田郡ニセコ町

「ニセコ連峰を楽しむ200mm断熱の家」
定年をきっかけに北海道へ移住を果たした夫婦のための住宅。建て主は高校までを隣町で過しその後はまちを離れ東京で定年を迎える。その数年前から故郷に帰りたい感情が芽生え土地探しを始めるも40年の歳月は重く知古も失った身ではなかなか進まない。そんな話しをドイツ行きの飛行機の隣席で打ち明けられたのが2006年の冬、夢のお手伝いは始まった。
60代夫婦  施工:㈱剛建築工房 完成までの過程をみる

左向き矢印
  • 星置の家
  • 星置の家
  • 星置の家
  • 星置の家
  • 星置の家
  • 星置の家
  • 星置の家
  • 星置の家
  • 星置の家
  • 星置の家

制作実績星置の家
2005/住宅新築/北海道札幌市

「ギャンブレロなWスキン」
夫婦でバイクを楽しむ友人の家。一階の間取りは2台の車と大型バイクでほとんど埋まってしまった。LDKに主寝室、子供部屋に客間に物入れ・・・ローコストに最大限に室内を取るために浮かんだのがこの牛舎のようなギャンブレルスタイルの屋根。さらに室内の寸法を1mmでも最大化するために外貼り断熱を施し室内の内装もほとんど省略。特徴的な南側のカーテンウオールはダブルスキン構造。ガラスで覆われた半屋外空間となる。冬場でも日射があれば30℃の室温となるが夏場は70℃の室温となり洗濯物はあっという間に乾いてしまう。気になる気温調整は4箇所のトップライトを用いて行う。
40代夫婦+子供 施工:㈱丸稲武田建設

左向き矢印
  • 岩内の家
  • 岩内の家
  • 岩内の家
  • 岩内の家
  • 岩内の家

制作実績岩内の家
2004/住宅新築/北海道岩内郡

「田舎暮らしを楽しむ赤い三角屋根の家」
2004年、岩内で住宅を設計する機会を得た。北海道有数の強風地域である岩内。かつては海運と漁業で栄えた歴史ある町。1954年9月26日、大火で市街地の約8割を失うも繁華街の万代地区は往時の賑わいを今に伝えている。建て主は30代。生まれたばかりのお嬢さんのために家づくりを思い立つ。趣味のバイクに乗ったままエントランス可能な1階の玄関土間、縦列で風を避けながら二台以上の車が格納でき、夏は友人とのBBQを楽しめるカーポート、二階リビング等々間取りは新しくも懐かしさを感じる外観が特徴。
30代夫婦+子供 施工:ストリームモダンプラン 関連記事をみる

左向き矢印
  • 宮の沢の家
  • 宮の沢の家
  • 宮の沢の家
  • 宮の沢の家
  • 宮の沢の家
  • 宮の沢の家
  • 宮の沢の家
  • 宮の沢の家
  • 宮の沢の家

制作実績宮の沢の家
2004/住宅新築/北海道札幌市

「モダンヴィジョンな白い箱」
札幌市の宮の沢地区は1970年代から開発が始まった歴史ある住宅街。住民の多くは既に子育てを終えた往時のニュータウンは、さまざまな住宅会社の作風で乱雑に埋め尽くされていた。友人から家づくりの相談を受けた時に、まず浮かんだのがこうした陳腐な様式との決別。極力シンプルに数学的な思考でこの家をデザインしようと試みた。
30代夫婦+子供 ㈱ノルテック 関連記事をみる

ページ先頭へ